ギターのストロークでねらった弦が弾けないという悩みについて

ギターのストロークでねらった弦が弾けない というお悩みがありませんか?

右手のコードストロークの話です。

コードストロークとは、 6本ある弦を上から下までジャラーンと右手で弾くことです。

場合によっては、 6本の弦の上側とか下側を意識的に弾くこともあります( そういうの、結構あります)

その時の話です。

狙った弦にピックが当たらないってことがありませんか?

あなたが、もう初心者を脱して中級以上の方なら

「ああ、そういう時代もあったなー」でしょう。

右手にピックを持ってますか? 私的にはピックを使うのはまだまだ先でいいと思いますが・・・

まあ、いいでしょう。

まず、上から下へジャラーンと弾く( ダウンストロークといいます)場合ですが

いちばん上の6弦に「深く」あたると、 引っかかって下の弦に行きにくいです。

かといって、遠慮がちに振り下ろすと空振りするか「浅く」 しか当たりません。

ちょうどいいくらいに当てるのが難しいんですね。

下らか上への(アップストロークといいます)はどうでしょうか。
これは手の構造上、 下の弦にひっかかってさらに上に行きにくいんです。

これは、ダウンストロークのように腕をふっちゃだめなんです。

手首を使うんです。 手のひらが上になるくらいスナップをかけてひっかけて弾きあげま す。

結論から言いましょう。

慣れちゃえばかんたんです。

そうなんです、 慣れちゃえば空振りやピックを深く刺しちゃうほうが難しいんです 。

例を申しますと

私、中学生のときに卓球部だったんですけど、

練習といえば、ひたすら素振りをするんです。

多分テニスとか野球でも同じですよね。 特に卓球はボールが小さいので当てるのが難しいんです。

温泉卓球みたいな、ポーンポーンじゃないですよ。 ばしっぱしっのラリーですから。

ああいうのはほぼ玉を見ていません。

見てたら遅れるので、 相手の腕の振りに合わせて自動的にこちらも腕を振っているんです 。

上級者の返球はだいたい同じ高さで返球されてくるので、 見なくてもジャストミートするんですね。

まあ、卓球の話はさておき。

慣れてくると、 見なくてもちゃんと当たるという事を言いたいわけです。

アコースティックギターのような超アナログな楽器は、 練習による慣れしかないんです。

じゃあ、どんあ練習をすればいいの?

私はひたすらギターをかき鳴らしました。

中学校のときに公園でジャカジャカやってると、 きれいなお姉さんがギターを抱えてやってきてお友達になりました 。

余談でした。

スラムダンクの桜木花道は安西先生にシュート練習を2 万本やれと言われて

「2万本で足りるのか?」といいました。 (確かそんなセリフだったような)

私も言いましょう。

ストローク練習を、これから100時間やれと

1日1時間ならたった100日です。 これだけかき鳴らせば、 そこらのバンドのギタリストより上手くなります。

いやだって? 面倒だなって?

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

これもスラムダンクの安西先生名言でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました