練習について

スポンサーリンク
未分類

ギターFコードの押さえ方に悩んでいる方は握力不足が原因です。解決の決定版

Fコードは確かに押さえにくいので、初心者の方には大きな壁です。押さえられない真の原因を解説。目からうろこの原因があります。
練習について

ギターの音を小さく弾いていませんか?

今回は、ギターを弾く強さについてお話しします。 自宅でギターの練習をする時、みなさんはどれくらいの音の大きさ(音量)で弾いているでしょうか? 一人暮らしの人は別として、だいたいは家族や同居人に気をつかって小さい音で弾いているの...
練習について

カポタストの使い方。弾きなれたコードで、自分の歌うキーに自在に合わせる方法

カポタストを使うと、なるべく押さえやすいコードで自分の歌えるキーで弾き語りができます。このへんの事を詳しく解説します。
練習について

ギターのチューニングが合わない

 ギターを買ってしばらく練習してるんだけど、このごろチューニングが合わなくて困っていませんか?  楽器を始めると、音に敏感になります。これは音楽を聴くという比じゃないんですね。  なので、今までは気にならなかったほんの少しの音の差が...
練習について

ギターのコードは正しく押さえなきゃだめなのか?

■ギターのコードは正しく押さえなきゃだめなのでしょうか? そんなことはないんです。 先人が作ってくれたコードは我々ギタリストにとって宝物ですが、 6本ある弦を全部弾かなくて、3本でも2本でも十分「和音」になります。 6弦全部を鳴らす和音との...
練習について

ギターコード弾き語りレッスン動画目次

ギターコードによる弾き語りレッスンの動画を順次公開しています。 レベルごとにレッスンしておりますので、下のアーティストのボタンをクリックしてください。   アーティストと曲は順次増やしていきます。
練習について

アコースティックギターでも音色が変えられますか?

ギターの音色は弾く位置によって変えることが出来ます。  ギターを弾くときに爪(またはピック)を当てる位置を気にしたことはありますか? 普通は無意識にサウンドホール(ギターの丸い穴です) の周辺を弾いていると思います。 実はギターは サ...
練習について

ギターのストロークでねらった弦が弾けないという悩みについて

ギターのストロークでねらった弦が弾けない というお悩みがありませんか? 右手のコードストロークの話です。 コードストロークとは、 6本ある弦を上から下までジャラーンと右手で弾くことです。 場合によっては、 6本の弦の上側とか下側を意識的に弾...
練習について

ギターコードの地道な練習とは

ギターコードの地道な練習とは YOUTUBEの弾き語り動画を見ていると・・・・ みなさん上手に弾いて、気持ちよく歌っておられます。 「押さえる弦もフレットもよく見えないのに、 どーやってみんなスムーズに弾けるんだ!」 と思ってませんか? ほ...
練習について

ギターコード。低音部をちゃんと鳴らそう

ギターの低音部をちゃんと弾こう 低音部というのはギター弦の6弦・5弦です。 アコースティックギターでコードストロークで弾くときの心得として私が考えるのは 曲にもよりますが、「しっかりと低い弦から鳴らす事」です。 ギターは6本も弦がある...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました