練習について

スポンサーリンク
練習について

ギターコード。 バレーがうまく押さえられない理由はこれだった!

バレーコードが押さえられない原因は、ずばり「筋力不足だった!」というお話です。 Fコードに代表される「バレー」は「セーハ」とも言いますが、ギターを始めたころはなかなかきちんと押さえられず、きれいな音色が出ないものです。 我が「ACOUS...
練習について

ギター 指の痛みとの戦い

 練習していると、指先が痛ーくなります。私なんかも1時間も続けて弾くとそろそろ限界がきます。  ましてギターを始めて間もない方や、たまにしか弾かない方はもっと短時間で痛くなるでしょう。  基本的に弾く時間に比例して指先に「タコ」が出...
練習について

ギターの練習方法の話

今日は夜まで演奏の録画ができないので、少しお話です。 ギターの練習はどうしたらいいのか? の話。 ギターうまくなりたいですよね。 このブログのレッスンでも、ほかの人のレッスン動画や演奏。見て同じようにやってみても多分弾けません。 弾...
練習について

なぜacousticbombのレッスンは「Gコード」がメインなのか?

動画の音が小さい件は、マイクから遠かったのが原因みたいで、次はしっかり撮ります。 さて、このブログのレッスンがなぜ「G」で始まるコードユニットで進んでいるのか。というお話です。 たいていのギター教室や、ネット上の初心者向けというコンテン...
練習について

ギターコードのストロークについて

今日は右手の話。 ギターを弾くというと、主に二種類の弾き方があります。 1つは「ストローク」。左手はコードを押さえてジャカジャカです。 もう1つは、「フィンガーピッキング」または「フィンガースタイル」と言われる、爪で一つ一つの音を弾く方...
練習について

ギターの練習は痛い?

毎日練習してますか? 長い時間でなくてもよいので、なるべく毎日ギターにさわりましょう。 指でコードを押さえて、「ポローン」だけでもいいです。 ギターを抱えるバランス感覚に慣れるのと、指の先っぽの皮膚を厚くするためです。 どうですか?...
練習について

カポタストを使ってみよう

コードとカポタストの関係 ギターは6本しか弦がありません。ピアノのようにたくさん音が用意されていないので、「フレット」と呼ばれる(縦の金属棒)の位置を指で押さえることによって、いちいち音を作ります。 和音を鳴らすために、私たちのはるか昔...
練習について

ギターのコードをピックで弾いて練習するのは、ちょっと待った! 最初は爪でいいんだよという話

アコースティックギターを弾く時、ピックを使って練習していますか? 私は、かなり弾けるようになるまで指だけで十分だと思ってます。 ピックを使うと鉄の弦との相性がいいのでシャープな音になりますし、音も大きく出ます(家で練習するときに、大きい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました