ギターコード弾き語り。レッスンのキーじゃ合わないんだけど・・・とご不満の皆様へ。解決法です。

皆さん、こんにちわ。いつもご覧いただきありがとうございます。

いつも当レッスンでは、 曲を弾くときにコードを「G始まり」で演奏しますね。

この「G」の音程(キー) でみなさんがいい感じで歌えていればいいいのですが、

人それぞれに自分の得意な音程があるので、 できればあわせたいですね。というか、合わせないと歌えません。

高すぎても、低すぎてもダメです。

カラオケで、「このキーだと少し高いな、少し下げよう」 と思うときどうしますか?

リモコンの音程ボタンでダウンさせますよね。 カラオケのリモコンは半音ずつアップダウンできるようになってい ますので3回「下げる」のボタンを押します。

 「G」のコードを押えたままキーを上げたい場合、例えば2つ上げたい場合は、半音で2つ上げるのでカポを2フレットに取り付ければよいのです。 
 コードの形は「G」ですが2つ上がっているので音としては、G>G#>Aと上がって。「A」のコード音が鳴ります。
 
 同じように3つ上げたい場合は3フレットにカポです。
 
 反対に下げたい場合はどうすればいいでしょうか。カポは右方向にしか取り付けられないので上がるばっかりです。
 
 ここで音階の表に注目してみましょう。
 

f:id:acousticbomb:20191202170347j:plain

上はピアノの鍵盤。下の図はギターの指板です。

 指板の横の線は「5弦」を表しています。 ギターのフレットとフレットの間は「半音」です。 ピアノの隣同士の鍵盤も「半音」です。

 
「C」から順番に上がっていって12個上がるとまた「C」に戻りますね。
 
 これが1オクターブ上(うえ)の「C」です。
 
カポをつけずに「G」を弾いてみます(ジャラーン)
今度は12フレットにカポをつけて「G」を押さえて弾くと1オクターブ上の「G」のコード音が鳴ります(ジャラーン) 同じ音です。
 
 実際に弾くと下で弾くより高い音がしますね。 でも「G」は「G」なので、歌う場合は下の「G」と同じように歌えます。
(でも、こんな高いフレットにカポをつけるのは無理があります)
 
 よくカラオケで、サビが高すぎて、途中で下のキーで歌っちゃうことってありませんか。これと同じです。
 
 ということは、この12フレットの位置からカポを下げれば、キーは下げられるということになります。
 
 二つ下げる場合は10フレットに。 キーは G > F# >Fと下がって「F」になります。
 
 同じく3つ下げると、9フレットにカポで キーは G>F#>F>E 「E」になります。
 
 もし、あなたが「C」のコードで弾き始めると自分の歌いやすいキーよりだいぶ高い場合。9フレットにカポをつけて「C」で弾くと、実際は3つ下がった音で鳴るのでかなり歌いやすくなるといった感じです。
 
 「めでたしめでたし」と言いたいところですが、実際はギターのフレットで6フレットより上にカポをつけると問題があります。
 
1)ギターのネックは根元にいくほど分厚くなっているので、カポの種類によて取り付けが困難になります。
2)音が高くなりますので、響(ひびき)といった面ではウクレレみたいになってきます。
3)フレットとフレットの間が狭くなっていくので、指が窮屈になって弾きにくくなってしまいます。
4)カポを高い位置につけると、かっこ悪い。
 
 といった理由で9フレットにカポをつけて、押えるコードはそのままにキーを3つ下げる・・・というのは現実的ではなくなってしまいます。
 
 「G」で始まるユニット(Gのキーともいいます) をほかのキーのコードで弾いたらどうなるでしょうか? もちろん「G」始まりのユニットで使うコードも出てきますが役割が違ってきます。 新しいコードも登場します。

 例として「#」(シャープ)や「♭」(フラット)のつかない切りのいいキーで比べてみましょう。

下の3つのユニットは上と下のコードが対応しています。

Gで始まるユニット  G  Am  Bm   C  D7  Em
Cで始まるユニット  C  Dm  Em   F  G7  Am 
Dで始まるユニット  D  Em  F#m  G  A7  Bm

どうですか? 「F」とか「F# m」とかの少し押さえにくいコードが混じりますね。 でも臆せずにいきましょう。

Cで始まるユニットの音程はGより高いでしょうか? 低いでしょうか?表を見ると、CはGのだいぶ左側。 半音にすると7つも低いことになります。

同じようにDで始まるユニットはGから数えて半音で5つ低いです

-3つ低くしたいだけなんですがー

では、こうしましょう

最初から「G」より7つ下がっている「C」を、 カポを使って4つ上げたらどうなるでしょう?
7-4=3 めでたく3つ下がりますね。 で4フレットにカポをつけましょう。

最初から「G」より5つ下がっている「D」は、5-3=2

2つ上げて2フレットにカポ。

どうです? 分かりにくかったでしょうか??

<結論>

「G」で弾いて歌いにくい場合は、比較的弾きやすい「C」と「D」のキーで弾いてみましょうか。

どうですか? あなたのキーに合いますか?

いまひとつ合わない人も、「C」か「D」のどちらかを基本に、カポを使って調整したらちょうどいい音程になっ たでしょうか。

どちらかがフィットしましたら、 今後は基本そのキーで今後練習しましょう。

(ということは、 当レッスンも今後は3つのコードユニットに対応しないといけない ですね)(汗)

コメント

  1. […]  前回の記事はこちらです […]

タイトルとURLをコピーしました