押えやすいコードで、歌うキーを自在に変える方法

練習について

以前に歌うキーとコードとカポの関係の話をしましたが、もう少し具体的に解説したいと思います。

 前回の記事はこちらです

目的は

☆「自分の声に合ったキーで歌う」です。

そのために

1)なるべく押えやすいコードで弾く

 使うのは「G」のコードユニット、「C」のコードユニット、「D」のコードユニットの3つです。

下の3つのユニットは縦の列のコードが対応しています。

Gで始まるユニット  G  Am  Bm   C  D7  Em
Cで始まるユニット  C  Dm  Em   F  G7  Am 
Dで始まるユニット  D  Em  F#m  G  A7  Bm

2)そのためにカポタストを活用する

 1)だけでは自分にピッタリのキーで歌えない場合、カポタストで微調整します。

まず、下の表を見てください。

「原曲キー」とは、もともとのその曲のキーです。でも、パッと聞いてその曲のキーが判るなんて人はなかなかいません。 

 たいていはオリジナルの曲を聴いて、それに合わせて歌ってみてるでしょ?

 ちなみギターコードサイトのUフレットで見ると「原曲」のキーが判りますが。

仮に歌いたい曲のキーが「A」だったとして、

「A」のコードを調べなくても、とりあえず弾いた事のある「G」「C」「D」のどれかで弾きたいですよね。

そこで表を右に見ていくと2カポの列に「G」が書いてあります。

そうです、カポを2フレットにつけて「G」を押えて鳴らすと「A」のコードが鳴るんです。

 同じように原曲が「E」の曲はカポを2フレットに付けて「D」を押えて鳴らすと「E」の音がなります。

といった表になってます。

「原曲のキーが自分の声に合ってるって事あまりないよね」と思ってますか?

 なので、今の例で2カポの「G」でちょうど良ければオーケーですし。高い場合はカポを1、なしと変えて、低い場合は逆に3、4と上げてセットしながら自分の歌いやすい位置にセットすればオーケーです。

具体的なパターンとして下の図を作ってみました。

 

原曲のキーを他のコードで弾く

いかがでしょう? 押えやすいコードで歌うキーを自在に変える方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました