ギター侍

 今日は、ギターを抱えた漫談で一世を風靡した波田陽区(はたようく)さんのお話です。

 波田陽区さんは、その名も「ギター侍」として当時大人気で、「エンタの神様」で毎週出ていました。
 今でもYOTUBEで当時の出演ネタが見れますが、ネタの半分くらいは結構笑えます(笑)

 楽器をを使った「漫談」ってスタイルは、昔の牧伸二(まきしんじ)さんを源流とするものだと思います。若い人は知らないですね。「♪あ~あ、やんなっちゃった。 あ~あ、おどろいた」の牧さんの場合はウクレレでしたが。 
 弦楽器って、弾きながら話や歌が可能なので漫談にはもってこいなのですね。

 ただ、波田陽区氏の場合は6弦5弦をダダダダ、ダダダダと弾くだけなんでメロディーは皆無です。ご本人もあまり弾けないのではないかと推察します。

 パターンとしては 適当な有名人のプロフィールを話す。 そして「言うじゃなーい」 次にそれを裏返して面白く批判して「残念!」 ギターをジャ-ン。 最後に一言でまとめて「○○斬り~」でひとネタ終了。これを5つくらいセットで演じる。思い出しましたでしょうか?
 このパターンだと永遠にネタが尽きない感じですが、やはり世間には飽きられてしまうんですね。 


 一時は月収が3千万円くらいあったという事(事務所に半分取られた手取り)です。これが1年続けばサラリーマンの生涯賃金の平均が2.5億円だそうですから、 この職業、当たればそこそこ稼げるって感じですね。 必要な経費は着流しの着物と草履、そしてギター。メイクもさほど無し。低コストなスタイル。


 今の波田陽区さんは結婚もされ、故郷の九州を拠点にレギュラー番組も数本持って頑張っておられるようです。

 さて、ギターに関してですが。当時の演じている映像を見ますと、使っているギターは「モーリス」です。 モーリスと言えば、アコースティックギターの国産のブランドで初心者向けから超高級手作り品まで幅広く作っている老舗ですが、波田さんのものはグレード的には中級。5~6万円ってところでしょうか。 現在もこのギターかどうかは判りませんが。

 今もがんばっておられる一発屋芸人 波田陽区 さんにエールを送りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました