弦楽器の仲間

こんにちは。今日は、ギターなどの弦楽器の仲間である「琵琶」のお話です。
 実際の音色は聞いたことがありませんが、  怪談「耳なし芳一」の話に出てくる琵琶は物悲しい、そして腹に響くような太い音でした。
 現代でも琵琶は演奏する人がいるようですが、螺鈿紫檀五弦琵琶(らでん したんの ごげんびわ)は正倉院に収められている宝物の一つです。
 私も中学校でしたか、歴史か美術の教科書に載っているのを見た覚えがあります。
  奈良時代に光明皇后が東大寺大仏に献納した聖武天皇ゆかりの品だと伝えられています。
日本史|天平文化(3)
 NHKの「びじゅチューン」という井上涼君の番組で、これをモチーフにしたアニメーションを放送していて思い出しました。
 アニメーションにも出てきますが、この琵琶の表面には「らくだに乗った吟遊詩人」?が 装飾で描かれています。
 起源はペルシャ近辺らしいので、きっと西方の宝物としてシルクロードをはるばるやってきたんでしょうね。
 美術工芸品として素晴らしいのですが、ちゃんと演奏することができる構造だという研究結果も出ています。
 最近、そっくりのものが再現されたとネットで紹介されていました。螺鈿とは貝殻細工のこと。紫檀とはローズウッドという貴重な木材です。
 現代のギターも高級な製品はボディーにローズウッドを使用しますし、サウンドホールやポジションマークの装飾にはきれいな貝殻を使います。
 ともに西洋発の楽器ですから、似たところがありますね。
 琵琶というのは現在では四弦で、五弦の琵琶というのは廃れて当時のものは世界中でなんとこの1本だけだといいいます。 ロマン感じます。
(明治になってから筑前琵琶という流派では、五弦の琵琶が復活しているようです)
 今回はこんなお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました