アコギのコード譜に書いてある黒い線は何でしょう?

ギターを始めたばかりの人は何もかもわからない事だらけです。

ありがちな疑問の一つに「コード譜」に関することがあります。

コード譜とは、曲に合わせたコードを書いてある楽譜の一種ですが、音符は一切書かれていません。

その中でもわからないのが、書かれてある「黒い線はなにか??」というものです。

初心者が疑問に思う黒い線は次の2つです。

黒い線 その1

下の図(コードダイヤグラムといいます。下の図は何もまだ押さえていない状態です)

左端にある少し太い黒い線は何でしょうか? これは弦を支えている「ナット」と呼ばれる部分を示しています。

支えるだけなので、弦を押さえることに関しては一切関係がありません。ここが1・2・3と続いているフレットのゼロ位置です。

黒い線 その2

次の疑問の黒い線は何でしょう? これはバレーまたはセーハと呼ばれる、一度に多くの弦を押さえるテクニックを表しています。

上の図は「F」のコードの押さえ方を示しています。黒い線は人差し指です(違う解説では白抜きだったりします)

人差指で1弦から6弦までをいっぺんに押さえますという意味を持っています。

これらの疑問は、一般的に「教則本」と呼ばれるものを読めばわかるのですが、最近はU-FRETなどという安直なネット上のコード譜を提供するページがあるので、それをいきなり見てもわからないのです。

でも、安心してください!! 教則本を買わなくても、当レッスン講座を見ればすべての事が分かります(笑) 

アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座 から始めてみませんか?

HOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました