ギターのフレットって交換するものですか?

フレットって交換するものですか

■フレットは消耗品です。

ギターには「フレット」 と呼ばれる金属の棒が指板に埋め込んであります。

この金属でできたフレットが減ると聞いたら、「えっ?」 と驚くでしょうか?

弦も金属なので、こすれると減っていくんです。

私のメインギターのモーリスは20年使ってますが、 目立って減ったフレットはありません。

一方中古で買ったARIAはけっこう減っているフレットがありま す。

■なぜ減るのか?

減り方は演奏者の演奏の仕方に大きく左右されるので、 どれくらいの期間がたてばとは一概に言えません。

特に、 チョーキングと言って弦を指で押さえたままフレットの上で弦を上 に押し上げる動作。 これは弦にフレットがこすり上げられる形になりフレットが削れます。
また、ハンマーリングオンと言って、 指で弦をハンマーのようにたたきつけて音を出す( フレットが弦に叩かれる)
こういった演奏をよくする人のフレットは早く減ってしまうわけで す。

圧倒的に演奏の時間が多い人も減ります。

■フレットが減るとどうなるのでしょう?
フレットの減りがすすんでくると、 弦が当たる部分がへこんでしまって音がビビるようになります( ビーンといった感じですね)
私の中古で買ったARIAはこの兆候が激しくなってきました。

■このフレットというものは何でできているのでしょうか?

フレットは「洋白」(ようはく) という聞きなれない金属でできています。 身近なものとしては100円硬貨が近いです。

成分はベースの銅にニッケル・亜鉛を混ぜたいわゆる「合金」 です。そこそこ硬くて加工しやすいというのがこの材料の特徴でギターでは伝統的にこの金属が使われています。

もっと硬い金属を使えばとステンレス材で作られたフレットもあり ますが。硬いので加工に手間がかかり当然高くなります。

■フレット交換の料金は
症状が軽いと「すり合わせ」 というフレットを削って平にする作業で修正できる場合もあります 。 へこんだ部分の高さに合わせて全体を削るので、フレットの高さが低くな ります。
削っただけでは平になって音程がダメになるので、 元の丸みをつける作業も加わります。
一般的に4~5万円かかると思ってください。修理の期間も1か月から、 他の修正も必要だと3か月くらいかかります。
もっと安い工賃の店もありますが、 この仕事は仕上げに時間がかかるので、 安いお店は仕上げが悪いと思ってください。

という事は10万円程度で買ったギターなら買い換えたほうが良い という判断が妥当です。思い入れのあるギターは別ですよ・・・。

■ギターを長く使うには
①フレットを酷使する「チョーキング」や「ハンマリング」 を練習するときは、使い込んだサブのギターを使います。
まだ初心者の方はサブやサブサブのギターがあるわけないのですが ・・・・。 逆にそういった練習をするレベルにはないとも言えますのでそうい った心配はないでしょう。

②ふるくてサビの出た弦は使わない。
③同じフレットばかり弾かない。それは無理(笑)

フレットの状態はリサイクルショップで中古のギターを見て研究し てください。 全体はきれいでもフレットの減ったギターは安い値段がついている はずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました