ギターをとにかく、ちょっと弾いてみましょうか。

とにかく弾いてみましょう

 文字の説明ばかりじゃつまらないですね。ギターを抱えて何か弾いてみましょう。

1)コードを弾いてみる

 指3本で押えられる「G」(ジー)という名前のコードを弾いてみましょう。

 ちなみにこの講座では、この「G」のコードを基本に進めていきます。というのも、曲をGのキーで弾き始めると、初心者さんにはいろいろ都合の良いことがあるからです。だんだんと説明していきますね。

 ギターのコードというのは「和音」のことです。2つ以上の弦を同時に弾くと「和音」となります。弦は6本あるのでフルに鳴らせば6音の和音となりますが、演奏では2音だったり、3音だったりといろいろなパターンとなります。

 左手の指で弦を押さえますが、最初はなかなか厳しいです。 
   ・慣れないうちは指の先が痛いです。(弾いていると指先にタコが出来てきて痛くなくなります)
   ・押さえる位置まで指が届きません。正しい押さえ方をしていないと効率が悪いです。それと特に薬指と小指は慣れないうちは開きませんので目的の弦まで届かないことがあります。指のストレッチをして慣らしていきます。

 とわ言っても、この段階でつまづいていると挫折しかねないので、当講座では初めのうちは「かんたんコード」という簡略コード(押さえる指の数を減らしたコード」を使って、まずが1曲弾けるようになる工夫をしています。

2)指で弾く、いわゆるフィンガースタイルとかソロギター

 「指弾き」とか言われる弾き方のさわりだけ弾いてみましょう。

 メロディーを弾きながら伴奏も同時に弾きます。もう少しレベルアップするとリズムも刻みます。なかなか難しいですが基本から積み上げていけば人前でソロ演奏するくらいになれますよ。

  別講座でこの弾き方を初歩から説明していますので、少しハードルが高いかもしれませんが興味があれば下のリンクから覗いてみてください。

 <ソロギター、またはフィンガースタイル入門>

 

 では、1)と2)を弾いてみますので動画で見てみてください。

弾いてみよう動画

いかがでしたか? ギターの世界が少しでも判っていただけたなら、とてもうれしいです。

次の解説ページです >>

ギターコードの正しい押え方

ギター初心者のための「はじめてみよう」講座 TOPに戻る

HOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました