ギターの弦についてのいろいろ

ギターの弦には種類があります。

ギターの6本の弦には結構歴史がありまして、いろんな種類があります。ここではそのすべてを説明してみたいと思います。

1)弦の構造

 構造っていうとものものしいですが、6本の弦のなかで1弦と2弦はシンプルな「線」で、3弦から6弦は少し太い「なにかが巻かれているような姿」です。さらに1弦から6弦にいくにつれて太くなっているのがわかりますね。

 シンプルな1,2弦を「プレーン弦」と呼び、なにかが巻かれている4~6弦を「ワウンド弦」と呼びます。

 ちなみにこれらの呼び方は英語です。プレーンとは「plain」(装飾のない・かんたんな という意味)、ワウンドとは「wound」→動詞の「wind」(ワインド 巻く)の活用形 wind wound wound・・・巻かれたという意味です。勉強になりますね。

 なぜ線の太さに違いを持たせているのでしょうか? それは弦は細いと高い音が鳴り、太くなると低い音が鳴るという性質があるからです。 太い弦をプレーン弦のように作ると針金みたいになってしなやかさが失われるので、プレーン弦に細い線を巻くという手法で太くしているんです。

2)ギターの弦は何で出来ているのでしょうか

アコースティックギターの場合

 いわゆる鉄弦(てつげん)と呼ばれて金属製ですが、実際は鉄ではありません

その1 ブロンズ弦

 いわゆるブロンズ像のブロンズ - 「銅」で出来ています。でも純度100%の銅ではなくて、錫(すず)という金属を混ぜた合金です。 

 余談ですがこのすずの混ぜ方によってブロンズの色が変わります。すずの割合が少ないと10円銅貨のような赤い色。割合が増えるにつれて黄金色になり、やがて白くなっていきます。

 なぜわざわざ混ぜているのでしょうか? それは銅だけだと柔らかすぎて切れやすいからで、すずを混ぜると強くなるという性質があるんですね。 鉄なら・・・すぐ錆びちゃいますのでNGです。 

 ギターで使われるブロンズは銅80% すず20%で「80/20ブロンズ」と呼ばれます。見た感じはすこーし赤っぽい色で「銅」の感じが残る弦です。弦のパッケージには「80/20BRONZE」って書いてあります。eighty twenty bronze って読みます。

・その2 フォスファー・ブロンズ弦

 これは歴史的にはブロンズ弦の次に出てきた弦で、銅にリンという元素記号「p」の物質(これも英語でフォスファー phosphor)を混ぜた弦です。リンっていうと農薬やマッチなんかに使う、ちょっと危険なイメージのある元素ですね。だからかどうか知りませんが、キラキラした感じの音がすると言われます。 色目はブロンズ弦に比べると白っぽいですね。 

 ブロンズ弦とフォスファー・ブロンズ弦。どちらがいいんだという事ですが、これは好みです。はっきり言って聞いた感じに差を感じる事の出来る人はけっこう耳のいい人です。 私なんか聞き比べてもわかりません(笑) それよりギターの個体との相性に大きく影響します。なので自分のギターに張って、弾いた感じがいい~となれば、それがベストマッチでしょう。

(ことわざ)古い弦より新品の弦。安いギターより高いギター。下手な弾き手より上手な弾き手。

 忘れてました。コーティング弦というのがあります。 これは上記の弦の表面にコーティング処理をした弦です。 なにをコーティングしてあるか? どうやら耐水性ポリマーというものです。 ポリマーって何? ビニールやポリエチレンみたいなものす。 その特徴は①長持ちする ②丈夫 ③ツルツル ④高い

 ノンコーティングの弦の3倍長持ち・・・でも値段は3倍。なら同じやん!  しかし弦を張り替えるインターバルが長くなるのでそれはそれでいいかも・・・・・ でも「俺って1年くらい張替えないし」って人には無関係です。 音はどうなの? そりゃあ、ノンコーティングのほうがええですよ。

この記事は書きかけです。 随時リライトいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました