ギターの各パーツの名称

ギターの各部分には名前がついています。楽器屋のおにいさんや友達と話をするときに、知ってないとね・・・・という基本のパーツです。

ヘッド周りの名称

・ストリングポスト 

 ストリング=弦 ポスト=柱 弦を巻いていくパーツです。ペグを巻くとこれが回って弦を巻き取っていきます。

・ペグ 

 これを回すとストリングポストが回る仕掛けです。金属製、樹脂製などで出来ています。

・ナット 

 溝が掘ってあって、弦を等間隔に支えています。 

ネック部分の名称

・フレットボード 一般的には指板(しばん)と呼ぶことが多いです。左の指で弦を押える板で、クラシックギターの場合はまっ平ら、アコースティックギターの場合は微妙にカーブをえがいて押えやすくなっています。

・フレット 指板に埋め込まれた金属の棒です。ギターの最大の特徴であり、バイオリンなど他の弦楽器にはありません。これがあるおかげでビギナーでも正確な音程が弾けます。使い込んでくると減ってしまうのが欠点ですが。

・ポジションマーク 弦を押える場合、パッと見てどこを押えるかのマークになるのがこのポジションマークです。ヘッド側から数えて5番目、7番目、12番目といった決まった位置にマークがあります。 いろんな形があって、高いギターはこれに凝ってます。

なんだか楽しくなってきましたか? 次に行ってみましょう!

つぎの解説ページ>>

ギターの音をチューニングしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました