ギターの各パーツの名称

ギターのパーツ各部分にはそれぞれ名前がついています。楽器屋のおにいさんや友達と話をするときに知ってないとね・・・・という基本のパーツです。

ヘッド周りの名称

・ストリングポスト 

 ストリングは「弦」の事。 ポストとは「柱」の事。 ヘッド部分に組み込まれている弦を巻いていくパーツです。次に説明する「ペグ」というツマミを回すと、ストリングポストが回って弦を巻き取って同じ弦楽器でもバイオリンや三味線などではこういった機械仕掛けにはなっていなくて、巻き取った弦は摩擦で戻らないようになっています。 ポスト自身は鉄製かステンレス製です。

 ストリングポストには弦を通す穴が開いていまして、ここに弦を差し込んで回していきます。エレキなんかではペグを回すと自動的に弦をくわえこんで外れないような仕掛けのものもありますが、アコギでは見たことありません。弦の交換にはちょっとしたコツが必要です。

・ペグ 

 前述。これを回すとストリングポストが回る仕掛けです。特別なギヤの仕組みで、弦の張力に負けて戻らないようになっています。金属や樹脂などで出来ています。 ペグは金属製が一般的ですが、安いものはプラスティック(サイドに成形のスジがあります)や高級なものは貝だったりします。基本的には金属製で回しやすい厚みのあるものが扱いやすいです。

・ナット 

 溝が掘ってあって、弦を等間隔に支えています。 ふつうはプラスティック製。高級なものになると牛の骨、象牙なんてのもあります。最近ではカーボン製なども。 この材質で音が変わるかどうかは試したことがありません。

ネック部分の名称

・フレットボード 一般的には指板(しばん)と呼ぶことが多いです。左の指で弦を押える板で、クラシックギターの場合はまっ平ら、アコースティックギターの場合は微妙にカーブをえがいて押えやすくなっています。使いこんだ指板はよく押える部分の色がはげて変わってたりします。

・フレット 指板に埋め込まれた金属の棒です。ギターの最大の特徴であり、バイオリンなど他の弦楽器にはありません。半音間隔で埋め込んでありますが、等間隔ではありません(何故かはググってみましょうか)  これがあるおかげでビギナーでも正確な音程が弾けます。使い込んでくると減ってしまうのが欠点です。交換にはウン万円かかります!

・ブリッジ 弦の根元にあるパーツです。ここから伝わった振動がギター全体を鳴らします。ブリッジは木製、これにサドルという弦を支えるパーツがありまして、これはプラスティック、象牙、牛骨などでつくられています。このサドルの高さを調整して弦高(げんこう)と呼ばれる、指板と弦の間隔を広げたり狭くしたりが可能です(専門店に任せるのが得策ですが・・・)

 また、このブリッジにピンという弦を固定するパーツが弦の数だけ差し込まれています。これもプラスティックや象牙、木製など様々な材質があって、これで音が変わるとか変わらないとか。

・ポジションマーク 弦を押える場合、パッと見てどこを押えるかのマークになるのがこのポジションマークです。ヘッド側から数えて5番目、7番目、12番目といった決まった位置にマークがあります。 いろんな形があって、高いギターはこれに凝ってます。

 凝って飾ったギターもあります。装飾ギターについての記事 はこちら。

・ピックガード ピックがボディーに当たるとひっかいたような傷がつきますので、これを防ぐためのガードパーツです。 材質はプラスティック以外は無いと思います。たいていは1弦側に貼られていますが。6弦側にも貼ったギターもたまに見ます。

なんだか楽しくなってきましたか? 次に行ってみましょう!

つぎの解説ページ>>

ギターの音をチューニングしましょう

ギター初心者のための「はじめてみよう」講座 TOPに戻る

HOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました