ギターのチューニングが合わない人へ。解決策はここにあるよ

ギターはもともと、音が合わせにくい楽器です(ほかの弦楽器もそうですけど)

初心者の方は、音が合わないという無限列車の悩みを抱えていることでしょう。

ギター歴、50年の筆者がその悩みを根本から解決させていただきます

お悩みあるある

1)電子チューナーで合わせてるんだけど、チューナーの表示が合わない

2)一度、ちゃんと合わせたのに、すぐ音程が狂ってしまう。

3)開放弦(なにも押さえない弦)と押さえた弦(特に高いフレット位置)の音が微妙に合わない気がする(ギターは開放弦と同じ音を、別の弦の別のフレットを押さえることで出せるのですが)

では、解説していきます。

1)電子チューナーで合わせているんだけどチューナーの表示が合わない。

原因ズバリ、弦の巻き方が足りないです。1オクターブ近辺ほどずれてます! 

現象:今やたいていの人は、ベテランも初心者もチューナーを使います。チューナーは機械なので正確なはずなんですが、合わないと悩む方が多いです。
 合わない弦(多分、合わないのは1つか2つの特定の弦でしょ?)は、たいていの場合1オクターブ近く低い音で鳴っています。
 (オクターブとは、ドレミの音階のひと回り上、または下の音の事です)


 初心者の方は、ギターの開放弦(なにも押さえない弦)の音程をまだ耳で覚えていないので、チューナーの表示が正解の数字にならないと「合わない」と思ってしまいます(実際、合ってないのですが)
 例えば3弦の場合、チューナーの正解の表示は「3G」(意味は3弦はGの音ですよ・・・)ですが、全く違う表示のまま、巻いたり緩めてもいっこうに「3G」にならない場合があります。

※ちなみに「Gの音」って何?? 
 日本人が音楽の授業で親しんだ「ドレミファソラシド」は英語では「CDEFGABC」と名前が変わります。

このへんの歴史に興味があるって方は→「ギターの音階はなぜアルファベットなのか?」を見てね。

解決策:合わない弦の「正解の音」を実際に耳で聞いてみる。

方法:①ギター用の調子笛で「正解の音」を鳴らしてみる。3弦の開放弦の音を確認したかったら下、の写真ので「3G」の場所を吹きます。この音が「正解の3弦開放弦の音」です。どうです? だいぶズレれてた(低かった)んじゃないでしょうか?
 この音に合うようにずんずんペグ(糸巻き)を巻いていくと、チューナーの表示が・・・ほら合ったでしょう? 

ポータブルアコースティックギター弦ピッチパイプ6トーンギターアクセサリーの交換のチューナースーツチューニング
ギター 調子笛の例

慣れたらこの笛も不要になりますけど。1000円もしないので、ネット通販でも、楽器店でも買ってください。※合っているほかの弦から、音をもらう方法もありますが、ここでは省略します。

2)一度、ちゃんと合わせたのに、すぐ音程が狂ってしまう。

原因その1
 ズバリ、弦が新しい。張り替えたばっかりにはこうなります。。

現象・原因
 張ったばかり(張り替えたばかり)の弦は、安定するまでに伸びます。伸びるので、合わせてもすぐに音程が低くなってしまいます。

解決策
 弾いていて、狂ってきたらまた調整する。これを繰り返していると安定してきます。時間的には30分くらい弾いているとって感じでしょうか。
 すぐに安定させたい場合(これからライブだ・・・とか、彼女が来るんだ・・・)の場合は、張り終わった弦を、弦の中間くらいを指でつまんで伸ばします。それこそビヨーンって。
 まあ、引っ張る強さに決まりはないですけど、「自分の髪の毛を何本か指でつまんで、少し痛い程度」ですかね。 (あ、、髪が無い?・・・失礼しました)
 これは結構皆さんやってます。早めに安定しますよ。

原因その2

現象・原因
 何度調整しても不安定な場合。普通は伸びるんなら低く鳴るけど、逆に高くなったりする場合がある。これは弦の寿命が来ている場合にこんな現象が起きます。アコギの弦は金属製ですが、これにも寿命がありまして、使い込んでくると不安定になってきます。

解決策
 ズバリ。新しい弦に張り替えましょう。

参考記事 気になったら交換?ギターの弦はいつ交換すればいいのか? に科学的な考察を載せてます。

3)開放弦(なにも押さえない弦)と押さえた弦(特に高いフレット位置)の音が微妙に合わない気がする。

原因1 ズバリ。ギターに原因がある。

現象・原因
 この辺の音の違いが気になるっていうのは、まったくの初心者の域を脱した人でしょう。開放弦を多く使うギターのヘッド寄りのコード(別名オープンコードといいます)を弾くとまあまあいい音なんだけど、バレーとかを使う上の方のコード(ハイコードといいます)はなんか濁ってる気がする。という場合、

それは。そのギター。フレットの作りが雑なのかも。
比較的安価なギターにありがちですが、フレット(ギターの指板に打ち込まれている金属の金具)の位置・山の形状・高さの作りが雑で、音楽的にまた、造作的に雑な場合こうなります。また、ネック(さお)が反ってたりしてもうまく合わないです。

解決策
 これは演奏者側でどうこうできるものではないので、楽器屋さんに相談して調整という事も考えられますが、1万8千円で買ったギターの調整費が3万円ってことになります。
 安いギターでもちゃんと作られている場合もありますが、①外れの確率も高い ②時間がたつと悪いところが出てくる。 という面で、やはり価格なりの出来栄えです。
 なので、そこまでギターの良し悪しが判ってきたら、もう少し良いギターを探す段階に入ったという事です。

 

あなたもギターを弾けるようになりませんか?

ギター動画レッスン「AcousticBomb」では全くの初心者さん向けにていねいな動画レッスンを解説しています。
(ギター歴だけはトップクラスの私がギター人口を増やしたい一心で運営しております)

アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座 ←こちらから

タイトルとURLをコピーしました