ギターのお手入れについて

ギターは楽器です。ていねいにあつかって大事にしましょう。

ってあたりまえですが、今回は具体的なお手入れについてお話をします。

1)弦についた指の皮脂を拭き取る

2)ボディーの汚れをふき取る

3)立てかけておく

の3つです。

1)弦についた指の皮脂をふき取る

 弦は指に触れるとそこからさびてきます。指についている水分や脂の仕業です。指が弦に触れたところも含めて全体的にふき取ってください。ハンカチでもタオルでも良いようなものですが、やはり専用のギタークロスというものを使ってほしいと思います。

 しっかり皮脂がふき取れますし、毛羽立ちがなくて繊維がボディーに残りません。

2)ボディーの汚れをふき取る

 ギターのボディーはしっかり塗装されているので汚れに対しては強いのですが、やはり手垢がついてきますのでギターの表面やサイド、裏などがくもってきます。

 専用のポリッシュで拭きあげてください。安心・定番のポリッシュはギブソンのPump Polish。手押しのスプレーになっていますので、ギタークロスに軽く吹きかけてボディーをやさしく拭いてください。 きれいな光沢が出ます。液が弦につかないようにしましょう。

また、指板(しばん・・・弦を押える表面の部分)は普段直接拭くことがしにくいですので、弦交換の際に専用のオイルで手入れをしてください。こちらも定番のレモンオイルです。すごく伸びるのでほんの少しでいいです。指にちょっとつけて伸ばします。最後にギタークロスで拭いておきます。

フレットも、時間と根気があれば磨きましょうか。1年くらい弾いているとフレットがくもってきます。表面が酸化してきているんですね。市販のサビ落としのクリームで表面を磨いてやります。

ギタークロスを使うと汚れてしまうので、ふつうのぼろきれでいいです。指板にクリームがつかないようにフレットのそれぞれのサイドにマスキングテープを張って保護します。

 たいしたサビではないのですぐにきれいになってピカピカになります。事前準備が大変なお手入れです。 

3)立てかけておく

 ギターの保護としてはハードケースに収納するのが最善ですが、ない場合はスタンドに立てかけましょう。ネックのそりに対する影響を最小にする事ができます。

 安いものなので是非用意してほしいと思います。

ギターのお手入れの基本をご説明しました。ギターは大事にしましょう。

お手入れに関するグッズはこちらにおすすめをまとめましたのでチエックしてください。

 ギターの初歩の解説はこれでおしまいです。 いかがでしたでしょうか? 私はギターを弾き始めてから約60年たちますが、いまだにギターの魅力にとり付かれています。

 どうかこの世界に飛び込んで、「ギター弾き」の仲間になってもらえればとてもうれしいです。

ギター初心者のための「はじめてみよう」講座 TOPに戻る

HOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました