「チューナー」を使った調弦のしかた

チューナーをつかった「調整」(チューニング)の説明です。

前回は音叉を使った「調弦」(チューニング)を紹介しましたが、今は何と言っても、市販のチューナーを使うのがかんたんです。

これはギターの弦の震動をセンサーが拾って、デジタルのメーターで視覚的に目的の音階になっているかどうかを表示してくれるものです。

自動的にチューニングしてくれるわけではないので、誤解のないように。

電池が無くなるとなにもできないので、電池は買いおきしておきましょう。

ネットですごく安く手に入りますし、1弦から6弦の全部の弦をそれぞれ直接に調弦できるので確実です。

調弦の仕方を下の動画で、かんたんに説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました