アコギをアパートで弾くのはオーケーなのでしょうか

アコギ、アコースティックギターはそれ自体結構大きな音が鳴ります。

爪弾く・・・いわゆるソロギターの場合でもそこそこ。ましてや、コードでジャカジャカ鳴らしたりすると上下左右の隣家にかなり伝わってしまいます。

生活音や屋外の雑音が多い日中は、音がまぎれて気にならなかったり、隣家も留守だったりしてトラブルにならないかもしれませんが、やはり平日帰宅してからさてギターをとなると気がねしますよね。

まず、賃貸契約の際に相談しても楽器オーケーの物件はほぼゼロですし、苦情が入ったらその時点でアウトです。

ギターの穴(サウンドホールといいます)にシリコンのカバーをはめ込んだり、弦にラバーをあてて音を小さくする消音機というアイテムがあります。でも、ギター本来の「鳴り」を楽しめないのでやがて嫌になるでしょう。

私のおすすめは、その名も「サイレントギター」。ヤマハが作ってます。

1)アコースティックギター タイプ 金属弦仕様です。

2)クラシックギター タイプ ナイロン弦仕様です。

基本構造は、弦の振動をエレキギターのようにセンサーで拾って電気信号に変えてます。

音はヘッドフォンで聞くか、外部端子につないでアンプを通して鳴らします。

わたしは平日は夜しか弾けませんので、いつもこれで練習しています。ヘッドホンをつけなくても自分の耳に聞こえる音としての音量はというと、普通に聞こえます。

感覚的には普通のギターの音量の半分以下って感じです。なので思いっきり弾けます。何と言ってもボディーが無いので低音が響きません。

隣の部屋までは届きません。なので隣家に迷惑をかけることは皆無です。

ヘッドホン(スマホのイヤホンでもオーケー)を通して聴くと、なかなか満足できる音が鳴ります。電子的な「リバーブ」というエコー効果も出せるのでyoutubeなんかで聞く「いい機材を使った録音」っぽくなります。

※私のは初期型なので、音を拾う方式がが「ピエゾ」というセンサーだけですが、最新型はピエゾとマイクの2つを備えていて、ミックスができるというとんでもない豪華仕様となってます。

値段は新品で7万円くらいと高価です。これくらいの金額を出すと結構高級な生ギターが買えます。

なので、ぜいたくを言えばメインのギターとこのサイレントギターがあれば最高です。

ちなみに、ヤフオクで探すと中古は半額程度で出ています。私もヤフオクで4万円程度で手に入れました。ただ出品はなぜか圧倒的にナイロン弦仕様が多いんですね。ここらへんは間違って落札しないように気を付けましょう。

さらに言えば、ネックと中心部のボディーはメイプルなどの木材ですが、ギターとしての表面版や側面、後ろの構成材がなく樹脂のフレーム(私のは樹脂製。中には木製もある)だけなので丈夫でメンテナンスがフリーです。

どんな感じの音が出るかは、ヤマハの紹介ページをご覧になったほうが早いですが、こんな感じで生のギブソンと比べているyoutubeをみつけました。

Yamaha Silent SLG200S review (with Gibson J-45 comparison)

あなたもギターを弾けるようになりませんか?

ギター動画レッスン「AcousticBomb」では全くの初心者さん向けにていねいな動画レッスンを解説しています。
(ギター歴だけはトップクラスの私がギター人口を増やしたい一心で運営しております)

アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座 ←こちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました