アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座

アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座です。 ギター歴50年の筆者がすべての経験と技術をお伝えします。

電気(アンプ)を使わない生音のギターを「アコースティックギター」といいます。 この講座はこの生音のギターが弾けるようになりたい!! と志す人のために作りました。

ギターを弾く人の事を「ギタリスト」とか「ギター弾き」とか言います。「ギタリスト」はなんかプロっぽい響きですが、趣味として楽しむ「ギター弾き」を目指す人を応援していければと思って解説していきます。

 わたしはあなたに「ギター弾き」になってほしい! と思ってます。

ギターが弾ける人・・・て素敵だと思いませんか? 英語がペラペラの人よりかっこいい! プールでバタフライで泳げる人より絵になるわ! 街角ピアノで弾ける人には負けるわ。??? そんなことないぞ! 街角ギターとかないし! 

さあ、始めましょう!!

ギター初心者のための始め方を次の8つの項目にまとめました。

1)ギターの演奏に最低限必要なもの
2)ギターのそれぞれのパーツの名前を知りましょう
3)ギターのチューニングの仕方を知りましょう
4)とのかく、ちよっと弾いてみましょうか
5)ギターコードの正しい押さえ方を覚えましょう
6)コードストロークってなんだろう
7)アルペジオ
8)ギターのお手入れの仕方について知りましょう

1)ギターの演奏に最低限必要なもの

  最低これがないと始められないものです。無い場合は買うか借りるかしましょう。 買ってもらうのもアリ。 

2)ギターのそれぞれのパーツの名前を知りましょう。 

 アコースティックギターのひととおりのパーツ名を覚えましょう。これを知るとなんとなく「ギター弾き」に近づきますよ(笑)

3)ギターのチューニングの仕方を覚えましょう

 アコースティックギターの6本の弦は放置しておくと、自然に伸びたり縮んだりして音程が変わってしまいます(毎日、変わります) 毎回、弾く前に正しい音程に調整する必要があるので、その方法を覚えます。 また一歩「ギター弾き」に近づきます!

4)とにかく、ちょっと弾いてみましょうか。

 パーツの名前や準備ばかりでつまらん! そうですね。せっかちさん! 少し弾いてみましょうか。

5)ギターコードの正しい押さえ方を覚えましょう。

 ギターには便利な「コード」というものがあります。これが弾ければ「ギター弾ける人」感がますます味わえます。

6)コードストロークってなんだろう

 コードを押えて♪ジャラーン(これもストロークのひとつです)。その次は♪ジャラーンのバリエーションを工夫してリズムをきざんでみましょう。このへんからお家の人に「うるさいっわね!!」と言われるようになります(笑)

7)アルペジオ

 「なんのこと??」 ギターの演奏法の一つですです。ギター弾きのギター弾きたる所以(ゆえん) 。これが弾けるようになれば、初心者は折り返し点です。 

8)ギターのお手入れの仕方について知りましょう

 あなたの血液型が「A型」でも「О型」でも(失礼! 他意はありません)、ギター君にしてみれば関係ありません。 いつもきれいにしてあげるとギター君も協力してくれますよ。

ではさっそく、ギター弾きへの扉を開いてください。

それぞれの項目をクリックしても各記事にジャンプできますが、次のリンクから順に読む事をお勧めします。

(1)ギターの演奏に必要なもの 行ってみましょう

ギター初心者のための「はじめてみよう」講座 TOPに戻る

HOME

タイトルとURLをコピーしました