アコースティックギターの演奏に最低限必要なもの

練習に最低限必要なものは 、次の3つです。

1)ギター
2)チューナー
3)カポタスト

1)ギター
 いうまでもなくこれが無いと演奏できませんが、みなさんは「手元にある」または「これから手に入れる」 のどちらかですね。

「手元にある」という方
 新品か中古のアコースティックギターが手元にある方

 ギターの形は以下のような様々な形がありますが、どれも基本の演奏方法は変わりません
「弦が鉄である」「ネックの幅が狭い」という特徴があります。エレアコといってアンプにつなげて演奏できるタイプもあります。

新品か中古のクラシックギターがある」という方
 形はこの形しかありません。「弦がナイロンである」「ネックの幅が広い」という特徴があります。 このギターでも練習していくのに大きな違いはありません。

「これから買いに行く」という方
  これは悩みますね。
・店員さんに相談する
・ギターをそこそこ弾ける方に一緒に来てもらって選んでもらう
 の2択ですが、次の2つの記事がご参考になると思いますのでのぞいてみてください。

ギター、どんなのを買いますか (ずばりギター選びの基本的な考え方について解説しています)

ついにギターを買いに行く前に (具体的なギターの選び方をいろいろ解説しています)

ギターが買いたいが、地元に楽器屋が無い。どうすればいいの?(ネットで買うのはどうなのか)

2)チューナー
・ギターの音程を正しく調節する(チューニングといいます)ために必要です。
・ギターのヘッド部分に洗濯バサミのようにはさんで使う「クリップチューナー」が便利です。
・価格も2000円程度出せば十分な性能のものが手に入ります。
 

3)カポタスト
・ギターのネック部分を挟んでキーを変えるツールです。弾語りするには必ず必要になります。お値段はそこそこしますが「使いやすい」「じょうぶ」なカイザー社をお勧めします。

あるといいもの
1)ギタースタンド
・ギターを立てかけておくツールです。ギターは寝かせて置いたり、壁に立てかけておいたりするとネックが反ってしまって弾きにくくなる可能性があります。 また、倒してしまったり踏んずけたりでいい事がありません。

2)ギタークロス
・ギターをふきふきする専用の布です。愛情を持ってお手入れしましょう。普通の布だと細かい繊維が静電気でくっついてしまいますので専用のこれがおすすめです。

おすすめのグッズは以下のリンクにまとめておきましたので参考にしてください。

 → おすすめのギター関連グッズはこちらに紹介しました。

さて必要なものをそろえたら、次にギターの各パーツの名前をおぼえてみましょう

つぎの解説ページ >>

ギターの各パーツの名称

コメント

タイトルとURLをコピーしました