アコギのおすすめ機種。価格別 メーカー別 タイプ別

アコギを手に入れようと思うと、楽器店に行ってみたり、ネットで探してみたり、いろいろだと思います。さて、どんなアコギを買ったらいいんでしょうか?
種類がたくさんありすぎりアコギの世界ですが、初心者の方向けということで何種類かピックアップしてみます。

価格から考えた選択

とりあえず安さが一番ってことからの選択をすると

楽器屋さんへ行ってみると、「初心者向けのセット」ってのが必ず置いてあります。 値段は1万円から2万円くらいで、アコギを始めるにあたって必要な、チューナー・ピック・カポタスト・ギタースタンド・ストラップなどがついて、税込み 12,800円とかがあります。

気になるのは、「そんな安いので大丈夫?」って事ですが。 結論から言うと、

初心者の方が始めるのはなんら問題ないです。 もちろん有名メーカーではないですし、ギター本体の作りもそれなりです。細かいところを指摘しても初心者の方には理解しづらいと思いますが、弾いているうちに良いのが欲しくなってきます。 そうなるくらいアコギが続けばいいですね。
余談ですが、このセット品はもう少し高いのもあります。

たとえばこれ。「HONEY BEE アコースティックギター F-15 初心者入門16点セット」
廉価のセットの1万円内外のものは、聞きなれないメーカーですが、その中でも「HONEY BEE」はよく聞くブランドです。

メーカーから考えた選択

アコギというのは、日本のメーカー、海外のメーカー含めて、とんでもなくたくさんのメーカーがあります。自動車はパソコンと違って、木で作った工芸品ですから、大量生産には向かないですけど、こじんまりとした工房と、数人の職人さんがいればできる。それがアコギです。

さて、初心者向けというとやはり日本のメーカーという事になります。中国製というのもありますけど、実際は中国ブランドというのはなくて、日本の楽器メーカーが自社プロデュースしていて、生産が中国という感じです。

国内メーカー

ヤマハ・モーリス・ヤイリ・タカミネ・ヘッドウェイなど。

国産メーカーはヤマハとモーリス、アリアは初級から中級高級品。そのほかが中級から高級品の生産で生き残ってますので、この中で実際、初めて選ぶのなら総合楽器メーカーのヤマハでしょう。

ヤマハとモーリスは品質の良い低価格なラインナップがあります。

3万円~4万円

ヤマハ FS-800

モーリス F-011 NAT

タイプ別

ドレッドノート タイプ

ヤマハLシリーズ

ヤマハ FG800シリーズ

000タイプ

TOPに戻る

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
ギターコード初心者の為の弾き語り動画レッスン
タイトルとURLをコピーしました