アコースティックギターでも音色が変えられますか?

ギターの音色は弾く位置によって変えることが出来ます。

 ギターを弾くときに爪(またはピック)を当てる位置を気にしたことはありますか?

普通は無意識にサウンドホール(ギターの丸い穴です) の周辺を弾いていると思います。

実はギターは
サウンドホール付近では柔らかな音

ブリッジ付近ではシャキッとした音

が鳴ります。

f:id:acousticbomb:20200115120420j:plain

ギターのエリアと音色について

ではなぜ音質が変わるのか・・・

サウンドホールの近くは弦の端から端の真ん中あたりなので、 ここを弾くと弦の振幅の幅が大きくなるので柔らかく聞こえ、ブリッジ(弦の端が差してあるところ)付近だと弦の端っこになるので、 振幅が小さく硬い音になると説明している方がいます。

違います。
弦の長さは変わりませんから振幅が大きくなれば大きい音に、 逆に小さければ小さい音となります(理科で習ったと思います)

確かに1本の弦の中央部分は押さえてみると判りますが、「 ビヨーん」とへこみ、 ブリッジ付近は硬くて押してもほぼへこみません。

そうです、この「柔らかい」、「硬い」が音質に影響します。

ピックが当たる弦が柔らかいと弦本来の音色となり、 端っこの硬い部分に当たると、 ピックが跳ね返される音となり硬質な音色となるのです。

もちろん、弦そのものを張力の高い種類( 「ハード」とかの太くてビンビンの弦)を張ると、 ピックの当たりがハードなので硬い音になります。

演奏の表現としては

バラードのような曲は柔らかい音で、リズムが大事な曲は硬い音でリズムを刻むなど、その曲の感じの違いで弾き分けることで曲の表情が変わります。

また、低音弦(6.5弦)と高音弦(3、2、1弦) を弾き分けることとも併せて、とても深い表現が可能です。

このへんを意識して弾くと、 弾き語りの演奏のランクが1段階あがります。

ぜひ、やってみてください。

HOME

コメント

タイトルとURLをコピーしました