ギターコード弾き語り サザンオールスターズ 「彩~Aja」3級 その2

サザンオールスターズの「彩」3級のレッスン2回目です。
前回の練習は進んでいますでしょうか?

今回は「サビ」パートのレッスンです。
今回は、5フレットにカポをつけてます。
5つ右に移動させるので

G > G#  > A  >  A#  >  B  >  C

となり、コードを押さえているフォームは「G」ですが、実際に鳴っている音は「C」です。
「G」のコードのままわざわざカポをつかって「C」にするのは

1)「G」のままだとサビのパートは高くて歌えない。

2)「C」で弾くと音程は楽になるけれど、押さえるコードに「F」がひんぱんに出てきて難しくなる。
の2点の理由です。

なぜacousticbombは「G」なのか? –  もご覧ください。

前回はゆっくりとしたコードチェンジでしたが、サビのパートは1小節に2つコードが入るパターンがあって、ちょこちょことコードが変わります。

コードからコードの変わり目は演奏が途切れがちになります。これはまだ手の「型」(かた)が完成していない初心者の方は仕方がないことで、気にすることはありません。

かんたんコードにしてあるので、比較的楽でしょうが・・・。

さて、コードが途切れがちなところは、スムーズにつながるまで練習してつなげる部分です。 その部分を重点的に何度も弾きましょう。

脳と神経と筋肉がそのコードチェンジの型を覚えてしまえば、技術レベルのワンランクアップです。大したものですから。

「彩~aja」3級 その1はこちらから

コメント

  1. […] 「彩~aja」3級 その2はこちらから […]

タイトルとURLをコピーしました