【アコギをそこそこ弾ける人】って、日本にいったい何人くらいいるのか?

アコギを弾く人の数って昔に比べて減ってますよ。 まず人口が減ってますもん。 次に娯楽が増えてしまって楽器に興味を持つ人の比率だって低いですよね。

私の青春時代は、車(バイク)、ギター、ラジカセでしたもん。 (ファミコンはまだ無かった!!)

でも楽器店に行くと壁にはギターがたくさん並んでいるし、セカストなんかでもけっこうな数が置いてあります。

国産のギターのメーカーはどんな感じかというと、ヤマハ・モーリス・ヤイリ・タカミネ・アストリアス・ヘッドウエイ・島村楽器さんがやってるヒストリーなどなど・・・需要低迷で倒産といった話も聞きません。

でもね。全国各地では大手の店舗がポツポツと歯が抜けていくように店じまい・・・札幌でもがんばっていた7THコードさんが知らないうちに閉店していました。

さて、みなさんの身近にアコギの上手い人っていますか? 

高校のギター・マンドリン部なんてのがありますが、これはクラシックギターでアコギといえばアコギですがポピュラー寄りの演奏という感じからは離れます。

大学とかには軽音楽部ってのがありますが、これは昔と違っていきなりエレキになりますもんね。 

生楽器主体で「アメリカ民謡同好会」ってのが、ブルーグラスやフォークソングをやってましたが、やがて下火になり絶滅しています。

アコギ弾きはどこにいるのでしょうか? 

きっと、YOUTUBEの中でのみ生息していて、そこそこ弾けるアコギ弾きの数は日本で1000人くらいじゃないか? というのが私の推測です。

少ないでしょうか? 1つの県に20人くらい・・・。 そんなもんでしょ。 

じゃあ、なんで楽器屋にはあんなにギターがたくさんあるの? それは、壁にかけるだけで場所を取らないからですよ! めったに売れなくたって在庫じゃないんですよ。 売れたらメーカーにお金を払うシステムなんだから! と思ってたら買い取りなんですね。

本屋みたいに売れないと返品ってシステムならいいのに。 でもそれだと楽器のメーカーがつぶれるわ。

今の若者は、音楽は聴くもの、踊るもの。 音はデジタルで打ち込んで作るもの。機材はネットで買うもの。

アコギ弾きの人口を増やしたい私は、ギターへの敷居を低くする必要があると思い、今までの持論「初心者でも精いっぱい高いギターを買え!!」を改めます。

「安い中華帝国製の楽器でもまずこれから始めようぜ!」 に変えますわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました