①キーが「G」のコードのグループ

G Am A7 Bm B7 C D7 E Em E7 

コード G

コードGの押さえ方 正面から
コードGの押さえ方 上から

上の画像ではわかりにくいですが、小指で1弦の3フレット。薬指で6弦の3フレット。中指で5弦の2フレットを押さえています。

人差し指は遊んでいます。小指で1弦、薬指で6弦を押さえると、薬指は5弦に触れてしまいます。なのでせっかく中指で5弦の2フレットを押さえていますが実際は5弦はミュートされて鳴りません。

※小指と薬指の押弦だけ気をつければいいです。

コード Am

Amの押さえ方 正面から
Amの押さえ方 上から

押さえ方のコツは、最初に人差し指で2弦1フレットを押さえてポジションを決めます。次に残りの薬指と中指はほぼ同時に3弦4弦の2フレットを押さえます。

コードA7

A7の押さえ方 正面から
A7の押さえ方 上から

必ず、この上の図のとおりで押さえてください。というのも、人差し指がフリーなので、次のコードに移る際に楽なのです。 全部の弦を弾いてオーケーです。

Bm

Bmの押さえ方 正面から
Bmの押さえ方 上から

バレーを使う初心者には苦手なコードです。ここでは2フレットをバレーしています。

最初はなかなかキレイに鳴らせませんが気にせず進んでください。握力がついてくれば自然に鳴るようになります。

参考記事 ギターコード。バレーがうまく押さえられない理由はこれだった 

B7

B7の押さえ方 正面から
B7の押さえ方 上から

バレーを使わないB7の一般的な押さえ方です。6弦の2フレットを握りこんだ親指で押さえています。
①きついようなら親指はミュートでいいです(ミュートとは親指を添えるだけです)
②なんなら小指もミュートで構いません。

コード

Cの押さえ方 正面から
Cの押さえ方 上から

5弦3フレットを押さえる薬指をしっかり立てて(垂直に押さえて)押さえないと、4弦と触れてしまって4弦がミュートされてしまいます。
6弦は不要なので鳴らしません。または6弦を親指でミュートして、弾いてもならない状態にしてください。(図ではミュートしていませんが・・・。弾かなきゃいいです)

コードD7

D7の押さえ方 正面から
D7の押さえ方 上から

D7は狭いところに指が三つ集まるので、せまっ苦しいのですが、意外と押さえやすいコードです。最初に人差し指で2弦1フレットの押弦位置を決めますと、残りの薬指・中指の位置が自然と決まります。

コードE

Eの押さえ方 正面から
B7の押さえ方 上から

Emも狭いところに指3本です。これも最初に人差し指の位置決めをすると残りの指は自然に決まります。

コードEm

Emの押さえ方 正面から
Emの押さえ方 上から

コードE7

E7の押さえ方 正面から
E7の押さえ方 上から

日本一見やすいギターコード表に戻る

あなたもギターを弾けるようになりませんか?

ギター動画レッスン「AcousticBomb」では全くの初心者さん向けにていねいな動画レッスンを解説しています。
(ギター歴だけはトップクラスの私が、ギター人口を増やしたい一心で運営しております)

アコースティックギター初心者のための「はじめてみよう」講座 ←こちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました