【日本一見やすい】ギターコード表

★日本一見やすいギターコード表

ギター初心者の皆さん。ギターの第一歩はコードなのですが、コードを覚えるのって大変ですよね。

下の図は「コード譜」と呼ばれる、歌詞にコードを当てはめた楽譜です。

歌詞の上にある「碁盤の目の上に黒丸が書いてある絵」を「コードダイヤグラム」といいまして、それぞれのコードの押さえ方を表しています。

この絵の上にあるアルファベットがそのコードの名前となっています。

さて、これだけを見ても、ギターを始めたばかりの方は弦の押さえ方そのものがよくわからないと思います。

person playing brown acoustic guitar
コード譜

また、ネットで「コード表」とググると「世界一見やすい・・・」とか「音が鳴る・・・」などの紹介は「そんなコード1年に何回使うん??」という、めったに使う事の無いコードまで載せてあってややこしくなっています。
ギターレッスンの東北の巨人 〇林氏のコード表は「よく作りましたね・・・」これならAmazonさんでコードブックを買ったほうがいいと思います。

そんなこんなで、このページでは

1)本当に使うコードだけに厳選します。○○sus4 ○○add7のようなジャズギターでしか使わないようなコードは説明から省きます。

2)弾き語りで主に使うコードは次の3つのグループのコードでほぼすべての曲をカバーできます。(ギター歴50年以上の私が言うのですから信頼してくださいね!!)

 ①キーが「G」のコードのグループ

 ②キーが「C」のコードのグループ

 ③キーが「D」のコードのグループ 

 ※「キー」とは歌うときに「キーが高い」とか「キーが低い」とか言うときの「キー」です。

この3つのキーのコード群を覚えておけば、ほぼすべての曲が弾けます。

疑問)
 そもそも「ギター」「キー」って何なの? って疑問ありますでしょ?

(回答)
 音階って、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド って8つの音があって、最初のドから最後のドまでをひとくくりとして「1オクターブ」って呼ぶのを小学校で習いました?? よね。
(厳密にいうと、それぞれの音の間に入る半音があるので正確には13個・・・って突っ込む人います)

 歌を歌うときは、この8つある音のどれを基準にして(これがキー。そのものずばりkey-鍵となる音なんですね)歌ってもオーケーなんです。
 ただし楽器(この場合ギター)は基準の音が変わると、押さえる弦の位置やコードの場合はコードの形を変えないと伴奏ができないのです。

(疑問)
 なぜ3つもキーを覚えないといけないんでしょうかっ?

(回答)
 弾き語りの場合、歌おうとする楽曲のキーと自分の音域のキーが合わない場合がありますよね(高すぎる・・・とか逆に低すぎるとか) カラオケのリモコンならアップダウンのスイッチで半音ずつ上げ下げできますけど。
 ギターもカポタストというアタッチメントで半音のアップはできるのですが、残念ながらダウンが出来ません。

(カポタストって何??って思った方・・・。これです↓ 洗濯ばさみ的)

カポタストを装着した状態


 キーを上げたい場合は、コードはそのままでこのカポタストの位置を上げていけばいいのですが、キーを下げたい場合はカポタストの下げしろが無ければ、弾くコードそのものを変えて下げてやる必要があるのです。 
 ・・・多分この話、難しいですよね? のけぞるあなたが見えるようです。まあ、わからないところは飛ばして本題のコードの押さえ方を説明します。

3)コードの押さえ方を、コードダイヤグラムだけではなく、実写(正面からと上から)も合わせて説明いたします(特に正面からだけだと、どこを押さえてるのかさっぱりわからないケースが多いので)

4)その前に「ダイヤグラム」の見方を簡単に説明しておきます。

「ダイヤグラム」はギターの指板を視覚化した表ですが、下の図に記載されたような決まりがあります。

①どの弦をどの指で押さえたらいいのかが表現されています。 弦を押さえることを押弦(おうげん)と言います。覚えておいてください。

②ギターコードの押弦を理解するのに、「ダイヤグラム」だけではわかりにくいので、当講座では別途に画像を「正面から」と「上から」の2パターンで掲載しています。

③コードは必ずしも6本の弦を全部一度に弾くという事ばかりではありません。
下の図の右にありますように〇印は弦を鳴らします。✖とされた弦は弾きません(最初から弾かないか「ミュート」という手法で、弾いても音が出ないようにします。

※ミュート 弦を弾くのですが音がしないようにするテクニックです。軽く指を添えたり手のひらの一部を添えたりします。

④フレットを押さえるとは
 フレットはギターの指板の上に埋め込まれた金属の金具です。下の図で人差し指は5弦の2フレットを押弦しています。
〇フレットを押さえるとは、「〇フレットのすぐ左隣(自分から見て)を押さえる」、という事です。

ダイヤグラム

ではさっそく基本の3つのキーのコードの押さえ方を解説します。

①キーが「G」のコードのグループ

G Am A7 Bm B7 C D7 E Em E7  

②キーが「C」のコードのグループ

C Dm D7 Em E7 F G7 A Am A7 

③キー「D」から始まるコードのグループ

D Em E7 F#m F#m7 G A7 B Bm B7 

この記事は制作途中です。順次アップしますのでご了承願います。 master of acousticbomb

コメント

タイトルとURLをコピーしました