ギターコード弾き語り ミスターチルドレン「星になれたら」2級 レッスン1

3級(初心者)レッスンでの「かんたんコード」を交えた練習はだいたい完成したでしょうか?

次のステップとして中級レッスン2級の解説をしていきたいと思います。

今回からは、正規のコードを使うことと、各所に初級とは違ったアレンジを入れて「うまいな」感を出していきます。

今回のフレーズで使用するコードは次の3つです。

1)G

2)Gmaj7

3)Cmaj7

歌いだしのこの3つのコードはそれぞれ完全な正規コードのフォームですが、押え方が似ているのでやりやすいと思います。歌とコードを弾くタイミングは2級でやったのとおなじです。

           Gmaj7        Cmaj7

( )~ こ~のまち~を 出てい~くこと~を

原曲のように、前奏があってリズムが乗ってきて「このまち~」という歌いだしであれば、最初からリズムをきざんだストロークが最適ですが、今回は前奏なしですぐにAメロに入るので、3級のときとおなじように、ここはポロン・ポロンというダウンストロークの4拍子で弾き始めましょう。

中級としての課題は次の2つです

1)「正規のコードを弾く」ということと、

2)次のフレーズに移る際に「ベースランニング」というテクニックを入れることです。

ースランニングとは?

 コードからコードへ移る時にスムーズさを感じさせます。「アプローチ」と呼ばれるベース音を変化させるテクニックです。

 具体的にはAメロの3番目に弾くコードCmaj7(シーメジャーセブン)から次のフレーズの最初のコードAm(エーマイナー)へコードを変えていく時に、薬指をずらして5弦の2フレットの音を意識的入れます。

 6弦と4弦は解放(押えない)状態で6弦と5弦と4の弦を順番に弾きます。そのままAmに移ります。こうする事によってスムーズなつながりが生まれるのと、演奏にメリハリを作る事が出来ます。 文章だとわかりずらいので、動画でチエックしてください。

難しいコードを克服しましょう

 Bm7-5 (ビーマイナー7 フラット5)をちゃんと押えます。3級ではBmで代用していましたがこの曲ではこのコード音の存在感は大きいので、中級ではしっかり弾けるようになりましょう。

 特に、寸前に弾いているD7(ディーセブン)と共通する押指がひとつもないので、一気に4か所のポイントを「バンっ」と押えるしか方法はありません・・・と動画では言いましたが、よく運指を考えてみると「中指」はD7と共通でした。

 私は一度全部指を離して、 「バンっ」 と押えますが、中指を残して他の指を移動させるほうが簡単です。

動画では「100回くらい練習すればできるようになる」と言ってますが、その通りです。押えるコツは「型」です。4つの指の押さえる形を指にしっかり覚えさせます。 その型をエアで作ったまま「バンっ」と一気に押えます。

 バーレーコードとは違った「難しいコード」ですね。こういうのをマスターしていくと他の難しいコードも押えられるようになるので、大事なステップアップとして取り組んでほしいと思います。

それでは動画でそれぞれのフレーズの弾き方を確認してみましょう。

星になれたら2級その1

レッスン2は現在作成中です。

3級(初心者)レッスンの「レッスン1」から「レッスン3」は次のリンクから復習できます。

ミスターチルドレン 星になれたら3級 レッスン1

ミスターチルドレン 星になれたら3級 レッスン2

ギミスターチルドレン 星になれたら3級 レッスン3

ミスターチルドレン 動画レッスン目次に戻る

コメント

  1. […] […]

  2. […] ・その1 […]

タイトルとURLをコピーしました